翻訳を依頼するなら、信頼できる翻訳会社を選ぼう!

翻訳を行うには専門的な知識が要求されます。微妙なニュアンスなどの表現などは、質の高い知識をもった、翻訳者に依頼する必要があります。

翻訳の料金計算と1ワードあたりの単価と相場

英語から日本語に訳す場合、400文字原稿用紙の枚数に単価を掛けた料金となります。一方、英語から日本語へ訳す場合、180~200単語がA4用紙1枚に記入できると考え、A4用紙の枚数に単価を掛けた料金となります。

これらの計算方法は出来高制と呼ばれます。

出来高制の場合、訳文が完成するまでは必要な料金が分からないという問題があります。また、翻訳者の技量によって文字数・単語数が変わるなどの不都合があります。原語カウント制では翻訳対象の原語で料金を計算します。英文和訳の場合、英単語の数に単価を掛けた料金となります。

産業翻訳請負事業者の業界団体では、英文和訳の場合、単価の相場は原文1ワードあたり30~50円となっています。和文英訳の場合、相場は訳文1ワードあたり35~70円となっています。

原文と翻訳された物を比較

外国語の勉強に熱心に取り組んでいる人もいるでしょう。

外国語の勉強方法というのはいろいろあります。ある程度できる様になれば海外から情報収集を行うなど、外国語を使って何か別の事ができればいいですね。

海外の物語を原文のまま楽しむのもいいでしょう。
最初は一度で理解するのが難しいかと思いますが、その様な場合には翻訳された物をまず読んでみて内容を把握してから、原文で書かれた物を読むと理解しやすいでしょう。

翻訳の勉強をしている人にとってはかなり勉強になるのではないでしょうか。また、内容や文章の細かい部分を比較してみるというのもおすすめです。

いろんな勉強方法がありますね。

翻訳することで文化を共有

世界中で日本の文化が注目されているということもあり、日本の書物や映画が翻訳されて世界各地で楽しまれています。

特に、日本のアニメは世界中に熱狂ファンが多く、アニメの登場人物のコスプレをする外国人も多いようです。

反対に海外から発信されて日本に入ってくる洋書や洋画などもたくさんあふれています。

最近は韓流ブームということもあり、韓国のドラマや映画が翻訳されて日本で放送されています。

このように翻訳することで世界中の国の文化を共有し合えることは良いことではないでしょうか。

大学と官公庁

翻訳に関する記事

ページトップへ戻る