翻訳を依頼するなら、信頼できる翻訳会社を選ぼう!

翻訳を行うには専門的な知識が要求されます。微妙なニュアンスなどの表現などは、質の高い知識をもった、翻訳者に依頼する必要があります。

翻訳会社に依頼した場合の料金はいくら?

翻訳を依頼するにあたって、料金が気になるという企業や個人事業主は多いでしょう。そんな時に役立つのが、社団法人日本翻訳連盟が提示している価格相場です。

例えば、特許明細書の翻訳を翻訳会社に依頼したとしましょう。和文に英訳する場合の相場は1ワードあたり70円、英文に和訳する場合は1ワードあたり50円となっています。

しかしこれはあくまで、社団法人日本翻訳連盟が提示している価格相場です。その為、より詳細な金額を知りたいという場合には、翻訳会社に見積もりを依頼するようにしましょう。

その際は出来るだけ複数の翻訳会社に依頼し、価格を比較検討する事をオススメします。

翻訳会社の増加と実績豊富な会社に依頼しよう

翻訳会社の数が増えてきました。数が増える事はすなわち、ユーザー側の選択肢が増える事を意味します。

コストパフォーマンスの良い翻訳会社を利用するチャンスが増えるわけですので、実に嬉しい事です。ただ、数がここ数年で少し急増しているため、市場は玉石混交になりつつあります。

コストパフォーマンスが抜群でも肝心の翻訳の質がイマイチでは、本末転倒です。ある程度、コストパフォーマンスを追求した後は、実績豊富な翻訳会社で手を打つのがポイントです。あまりにも安すぎる会社はリスキーです。ある程度の実績がある企業の方が大局的にはお得です。

法律の翻訳を翻訳会社に依頼する前に

翻訳会社とインターネットで検索すると、たくさんの会社がヒットするはずです。しかし、それぞれに翻訳を行う上で、得意な分野、不得意な分野が存在します。

例えば、法律の翻訳を依頼したいといった時には、法律を得意分野とする翻訳会社に依頼するのがベターでしょう。

何故なら、こうした翻訳会社には契約書や法務書といった各種書類の翻訳経験が豊富な翻訳家が在籍しているからです。

経験不足の翻訳家では、どうしても専門用語の翻訳で躓いてしまうケースが出てきます。このようなトラブルを未然に防ぐ為にも、翻訳を依頼する前に得意な分野であるかどうかをチェックしましょう。

翻訳会社に関する記事

ページトップへ戻る