翻訳を依頼するなら、信頼できる翻訳会社を選ぼう!

翻訳を行うには専門的な知識が要求されます。微妙なニュアンスなどの表現などは、質の高い知識をもった、翻訳者に依頼する必要があります。

対象によって異なる翻訳

日本語に翻訳された海外の本を読んでみても何の違和感を感じる事なく、まるで元々日本語で書かれた文章であるかの様にごく自然です。外国語では日本語とは違った表現方法がたくさんあります。

そのまま文章を翻訳してもスムーズな文章にはなりません。しかし、そこが翻訳家の腕の見せどころです。

筆者が言いたい事を文章から読み取りそれがわかりやすく伝えるのが翻訳の仕事です。非常に優れた外国語の能力ももちろん必要です。しかし、内容をまとめたり、解釈したりする力もかなり必要になると思われます。

翻訳といっても、その対象となるものの違いによって、随分とその取り組み方は違ってきます。

分かりやすい例でいえば、文芸翻訳と実務翻訳との違いです。前者の場合はその対象が虚構である作品ですが、後者の場合にはその対象は作品という虚構のものではなく、実務のための道具となる文書です。

従って、実務翻訳の場合には何よりも内容の正確さがもっとも重視され、ある言語から別の言語へと表現を変えながらも、その意味、内容自体は原文から訳文へと、正確に受け継がれていなければならないわけです。

むろん、訳文の表現がこなれていて読みやすいものであることも求められますが、それはむしろ二義的なものなのです。

受け付けられない依頼の基準は翻訳会社が持つ

顧客の目線で業務を実行する翻訳会社は、でき得る範囲内で依頼の内容を承諾します。作業者が少々の無理をするだけで達成できる程度の案件なら、喜々として受注する翻訳会社が多々あります。依頼の大義名分があれば何でもかんでも許される風潮が翻訳会社を取り巻きますが、実際は線引きが明確になっているので度が過ぎた要求は通りません。

膨大な文字数を含む原稿であるにもかかわらず、数時間後には成果物を活用しなければならないなどといった内容は受け付けられる確率が低いです。常識的な考えを持ち、作業者の負担をできるだけ排除した内容に整理することが肝心です。

需要が多い翻訳

グローバル社会の現在では、あらゆるところで翻訳が利用されています。

日本では日本語が公用語として使用されていますが、海外では日本語を公用語として使われている国はありません。他国の書籍や映像、書類やサイトなどを日本人が利用したい場合、日本語しか知らない日本人は翻訳が必要になります。

翻訳を仕事とする職業を翻訳者と呼びます。翻訳者はあらゆる分野で必要とされており需要が多い職業です。
現在、翻訳者を目指している人はたくさんいるでしょう。

翻訳会社に関する記事

ページトップへ戻る