翻訳を依頼するなら、信頼できる翻訳会社を選ぼう!

翻訳を行うには専門的な知識が要求されます。微妙なニュアンスなどの表現などは、質の高い知識をもった、翻訳者に依頼する必要があります。

顧客を法人に限定している翻訳会社

日本語から外国語へ、または外国語から日本語へ訳してほしいという依頼は多いですが、依頼の内容は様々です。その中で顧客を法人に限定している翻訳会社もあります。個人からの仕事を受け付けている翻訳会社はそう多くはない様ですので、依頼したい時にはよく探さないといけないかもしれませんね。

また、意味さえ分かればいいというのであれば、わざわざ翻訳会社を通さずに、翻訳機能が付いているwebサイトを使うと手っ取り早いでしょう。

ビジネスでは翻訳会社が大活躍していますが、求められる品質も高く、ボリュームも多い成果物が多い様ですね。

これからの時代は海外取引がさらに活発になると予想され、翻訳会社もニーズが増えるでしょう。

翻訳会社の規模によって異なる取り扱い分野数

翻訳には大きく分けて出版翻訳・産業翻訳・映像翻訳があります。出版翻訳は書籍などの出版物、映像翻訳では映画やニュースなどの字幕を対象とし、日常生活でも触れる機会が多いでしょう。一方産業翻訳では企業のマニュアルやマーケティング資料、レポート、契約書など、ビジネスで使用される文書が対象となります。多くの翻訳会社では産業翻訳を主な業務としています。

産業翻訳はさらに金融・法務・特許・医療・工業・ITなど細かく分類されます。対応可能な分野の数は翻訳会社が抱える翻訳者の人数に左右されるところが大きいです。小規模な翻訳会社では少ない人数で1分野を専門的に扱うところがほとんどです。

蓄えられた専門知識により品質は優れているものの、大量かつ短期間での翻訳には対応しきれないのが難点です。一方大規模会社では多くの翻訳者を抱え、幅広く対応できます。1つのプロジェクトに多数の翻訳者を割り当てることができるためスピーディに仕上がりますが、品質にばらつきが出てしまうこともあります。

翻訳会社の専門分野によって品質が異なる

翻訳代金をできるだけ、安くしようして、自動翻訳を専門とする翻訳会社に依頼すると、文章が機械的で読みにくい場合があります。文章の内容がわかる程度の品質であれば問題ありませんが、取引先や顧客などに見せる資料であれば、しっかりとした翻訳が必要になります。

ただし、翻訳者には専門分野があります。小説の翻訳では経験豊富な翻訳者が経済の本の翻訳をするのはとても難しいことです。翻訳会社に依頼する場合には、どのような分野の翻訳の経験があるのか、調べておかないと、専門分野でない翻訳を依頼して、品質が悪いこともあり得ます。

翻訳会社に関する記事

ページトップへ戻る