翻訳を依頼するなら、信頼できる翻訳会社を選ぼう!

翻訳を行うには専門的な知識が要求されます。微妙なニュアンスなどの表現などは、質の高い知識をもった、翻訳者に依頼する必要があります。

評価できる翻訳会社

翻訳会社に依頼する場合は、得意分野を持っている企業や、スタッフを大勢抱えていて、業種ごとに担当を変える翻訳会社もあります。

依頼する前に、過去にどんな翻訳を手がけているのかなどをしっかりと公開している会社に依頼することが大切です。

翻訳内容を細かくチェックすることが難しいだけに、信頼がおけると判断できる材料を提示してもらえる企業に依頼することで、希望とおりの翻訳を行ってもらえるのではないでしょうか。

逆に過去の翻訳の事例などを公開してもらえないような企業に依頼することは避けた方がいいのかもしれません。

特に、契約書や事業内容の資料が、契約に繋がる物などは注意する必要があると言っていいのではないでしょうか。

翻訳会社のサービスは企業にも個人にも対応可能

企業がマーケティング資料やマニュアル、ホームページなどを翻訳する必要があり、社内で対応できないと判断したら、多くの場合翻訳会社に依頼することになります。対応言語や分野は翻訳会社ごとに異なり、1分野だけを専門的に扱う会社もあれば、多言語・多分野に対応できる会社もあります。

前者は小規模な会社の場合が多く、蓄えられた専門知識により質が高くなる傾向にあります。後者は大規模会社で多数の翻訳者を抱えている場合が多く、翻訳完了までのスピードが速い傾向にあります。品質と納期の優先度によって会社を選ぶことをお勧めします。

予算や納期などは翻訳コーディネーターと呼ばれる調整役とやり取りして決定します。また、最近では個人向け翻訳サービスを提供する会社もあります。主に戸籍謄本・住民票・各種届出などの公的文書が対象となりますが、履歴書や論文、スピーチ原稿なども扱っている会社もあります。

論文の日本語訳を翻訳会社に依頼する時の注意

海外の論文の日本語訳を翻訳会社に依頼する時の注意点は二つあります。まずはその業界での固有の日本語訳です。例えば統計学でpopulationと言えば、「人口」ではなくて「母集団」です。

翻訳会社がその分野に精通していれば問題なく訳されてくるのですが、経験が少ない場合などは日本語が成立しないような、即ち、日本語の論文としてとして意味をなさない事があります。これは翻訳会社の問題と言うより、そこに所属する翻訳者の経験に依存します。翻訳を依頼する場合には必ず依頼する分野が得意かどうか確認することが必要です。

翻訳会社に関する記事

ページトップへ戻る